ロールモデルコーチとは?コーチとの違い、内田篤人さんの新役割?

今期で現役を引退した元鹿島アントラーズの内田篤人さん!

新しい役割として日本サッカー協会(JFA)が「ロールモデルコーチ」に任命したことを発表しました!

内田篤人さんがそのままサッカーから離れてしまうのでは?と騒がれていましたが、コーチとして活躍されそうですね!

そこで疑問になったのは「ロールモデルコーチ」ってなに?

普通のコーチと違うのか?徹底的に調べて見ました。

ロールモデルコーチになった内田篤人さん!

名前:内田篤人(うちだ・あつと )
ポジション DF(ディフェンダー)
出身地 静岡県
生年月日 1988年3月27日生
身長 176cm
体重 67kg
血液型 O型
利き足 右

出身高校は、静岡県立清水東高等学校です。

静岡県内でもサッカーの強豪校であり、進学校でもある学校で、大学進学も視野に入れてこの学校に進まれたようです。

もちろんサッカー部に所属し、片道1時間半かけて通学していた為、朝の5時半に家を出ていたようです。

卒業時には8程のプロのクラブチームからスカウトを受けたそうです。

結果的にプロ一本で進む決意をして鹿島アントラーズに入団されたんですね♪

ロールモデルコーチって?

ロールモデルコーチとは、

「選手に一番近い存在としてアドバイスしたり、できれば少しでもプレーすることによってメッセージを送ってもらう存在」

うん、曖昧ですね笑

ただのコーチと違うの?という話ですが、コーチになるにはライセンスが必要なのです。

内田篤人は現役を引退したばかりになるんので、ライセンスを所有してないがコーチになってほしいということでこの役割が生まれたようですね!

ロールモデルというのは模範を意味しますね!つまり内田篤人選手のように見本となる選手とコーチのいいとこ取りです!

ロールモデルコーチとは?まとめ

コーチのライセンスを持たない選手がコーチになれるように日本サッカー協会が考慮した感じですね。

ロールモデル(模範)となる選手が練習に混ざりつつコーチをする新しいスタイルでいいですね。

また新たにあ日本のサッカーに新風が巻き起こりそうですね!