35歳の少女、内容ストーリーは?元ネタは韓国ドラマ?子役,相関図

新ドラマ番組、「35歳の少女」が2020年10月10日夜10時よりスタートします!

女優「柴咲コウ」さんが、5年ぶりドラマ主演を務めます。

主演が柴咲さんだけで、もう既に楽しみになりますよね!

柴咲コウさんといえば、歌もお芝居も上手な女優さんでよく知られています!

私は、ドラマ「ガリレオ」でヒロイン役をしていたイメージがとても強いですね。

新ドラマでは、どんな柴咲コウさんを見ることが出来るのがワクワクです!

さて、気になるのがドラマの内容ですよね!

今回は、35歳の少女、内容ストーリーは?元ネタは韓国ドラマ?子役,相関図で、情報をまとめてみました。

35歳の少女,内容ストーリーは?

35歳の少女のあらすじは日本テレビ公式サイトをまとめると、

1995年、お遣いを頼まれ意気揚々と出かけた10歳の長女・望美のぞみ。

 

その日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていた。

 

しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出され……。長い眠りについてしまう。

 

2020年に奇跡的に目覚めるものの、目の前に広がるのはなんと25年後の『現在』。

 

明るく優しかった母・多恵は笑顔を見せない冷たい女性に。

格好良かった頼れる父・進次しんじはパッとしない中年に。

可愛かった妹・愛美まなみ(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていた。

 

心は10歳だが体は35歳となり、すべてが変わった世界に戸惑いながらも生きていく成長物語。

というものでした。

自分がもし、希美だったら正直焦ってしまいますね・・。

中身は10歳のままなので、周りは変わっているのに、何も変わってない自分に対して多くの葛藤がありそうです!

また、結構、ストーリーも現実味があるので、この後の展開がとても楽しみです!

35歳の少女、元ネタは韓国ドラマ?

このドラマは、原作となる漫画等なく、オリジナルストーリーになっています。

作成したのは、家政婦のミタ」「同期のサクラ」など有名な作品を輩出している遊川和彦さんです。

しかし、ネット上では、多くの人がこの作品はパクリではないのか?!と疑惑が挙がっているんです。

いったいどんな作品と似ているのでしょうか?

ここでは、そのパクリ疑惑の作品をご紹介したいと思います。

30だけど17です

まず一つ目,パクリ疑惑として挙がっている作品が「30だけど17です」という韓国ドラマです。

タイトルからして、どことなく似ているんじゃないかと思われる雰囲気ですがどうでしょうか?

主なあらすじの内容ですが、

17歳のウジンは、ヴァイオリニストを目指す他校の女子生徒ソリに一目惚れする。

 

ある日、ソリが乗っていたバスが事故に遭い、ソリは昏睡状態に。

 

それから13年後、昏睡状態だったソリが奇跡的に目を覚まします。

 

だが17歳だった自分が突然30歳として目覚めた現実を受け入れられず街をさまよってしまう。

 

叔父夫婦とかつて住んでいた自宅を訪ねるが、その家は現在は舞台デザイナーとなったウ ジンが甥のユ・チャンと暮らす家だった。

 

お互いの存在に気づかないソリとウジン。

そんな中、行く当てのないソリはウジンに頼み込み、ウジンの家で居候することに。こうして3人の奇妙な同居生活が始まっていく・・

あらすじを読んでみますと、

事故にあったり、奇跡的に目を覚ましたり、周りの環境がすでに変わっていたりと確かに状況が同じであるようには、感じました。

このドラマは最初から最後まで視聴率は常にトップのとても人気になった韓国ドラマだそうです!

人気だっただけにこのドラマのファンの方などが、パクリだと思う人も少なからずいらっしゃいそうですね。

続きまして、2つ目のパクリ疑惑として挙がっているのがこちらです。

松田洋子先生の「大人スキップ

松田先生は、初めて描いた作品『薫の秘話』が第27回ちばてつや賞大賞を受賞

1995年モーニング』でデビューしてから、『赤い文化住宅の初子』、『ママゴト』(NHKBSでドラマ化)等、数々の優秀な漫画を描いている方です。

大人スキップのあらすじの内容ですが、

日野希子、14歳、中学2年。

 

事故で眠り続けていた彼女は、目覚めると40歳になっていた! 

 

中身は子供のまま、見た目は中年になった希子。果たして「いい大人」になれるのか……っていうか、「大人」って一体何だ!? 

 

大人になり損ねたすべての人たちへ贈る、不条理にして奇跡的な突貫成長コメディ、スタート!

あらすじを読んでみますと、

こちらのストーリーも、確かに事故にあってからの今後の物語の展開が同じように感じますね!

パクリ疑惑のある2つの作品との似てる点や、異なる点は、ドラマが始まってからの展開で、

より明確になるのではないかと思います。

ドラマの見逃しは、できませんね。

35歳の少女の子役は誰?

今回、10歳の望美役を演じるのが 鎌田英怜奈ちゃんです!

名前:鎌田 英怜奈 (カマタエレナ)
生年月日:2009年09月01日
出身地:埼玉県
身長:138.0cm

出演:映画劇場版『白鳥麗子でございます!』麗子(幼少期)役
NHK『西郷どん』第39回/菊草役
ダイハツ『タント』など

映画、ドラマCMなど、数多くの出演歴をもつ英怜奈ちゃん。

もう子役の時点で、ベテランの域に入っていると感じます。

そして、なんといってもこの笑顔!素敵ですね!!

お話としては、1話で既に大人の望美(柴咲コウさん)がでてくるので、出番はないのでしょうか?

過去のお話に戻るとかで、何度かご出演してほしいですね!

35歳の少女の相関図!

お話も気になりますが、注目したいのが出演者ですよね。

柴咲コウ演じる望美以外の関係性も気になるところですが、

残念ながら相関図は見当たりませんでした

従って、現時点での主なキャストの紹介をしたいと思います。

時岡望美(ときおか のぞみ)〈35歳〉

・柴咲コウ
・本作品の主人公

広瀬結人(ひろせ ゆうと)〈35歳〉

・坂口健太郎
・望美の同級生であり初恋の相手
・小学校の教師をしていたが、ある事故をきっかけに退職。それ以降は自信なさげに生きてきたが、望美が目覚めたことにより再び恋心が芽生えるようになる

時岡愛美(ときおか まなみ)〈32歳〉

・ 橋本愛
・望美の妹
・大手広告代理店の営業部に勤務
・仕事ができるしっかり者だが、恋には不器用
・姉である望美が目覚めたことで自分の存在意義に苦しむことになる

今村達也(いまむら たつや)〈25〉

・ 竜星涼
・加奈の連れ子
・就職先でいじめに遭い2年足らずで退職
・部屋に引きこもってしまい、両親とも顔を合わさないようにメールでやり取りしている

相沢秀男(あいざわ ひでお)〈35〉

・ 細田善彦
・愛美が勤務する広告代理店の営業部課長で元恋人
・愛美のあまりに重すぎる愛情に重荷を感じて別れたが、今でも愛美には追い回されている

今村加奈(いまむら かな)〈50〉

・ 富田靖子
・進次の再婚相手
・前夫と離婚後に進次と再婚するが、進次が前の家族に未練があることに薄々気づいており、自分たちと向き合ってくれないことに不満を抱く

今村進次(いまむら しんじ)〈58〉

・ 田中哲司
・望美の父
・かつては大手ハウスメーカーの営業マンで成績も優秀だったが、望美の事故をきっかけに離婚
・加奈と再婚したが、前の家族に未練があり家族関係は上手くいっていない

時岡多恵(ときおか たえ)〈57〉

・鈴木保奈美
・望美の母
・望美の事故後に夫の進次と離婚

この紹介だけでも、どうやら泥沼な関係になっていきそうな気がするのは、私だけでしょうか?
特に、気になるのが妹の愛美ですね。

まだ何も始まってないですが、これから恋愛でごちゃごちゃしそうな感じですね!

35歳の少女、内容ストーリーは?元ネタは韓国ドラマ?子役,相関図まとめ

リアリティ感あふれるストーリーに魅力的なキャスト!!

1話から怒涛の展開をみせるようなあらすじでしたね。

私は、柴咲コウさんを見ることさえ出来ればと思っていましたが、人物紹介から分かる泥沼感。

ドラマにハマってしまいそうな気がします!

10月10日スタート「35歳の少女」、期待しています!